病院で専門的な不妊治療や医師の指導を受けて赤ちゃんを授かろう

ドクター

分娩する病院の検討

ナースと妊婦

大阪には、たくさんの産婦人科が存在します。総合病院の中にある産婦人科や個人経営の産婦人科まで様々です。産婦人科によって、特色は大きく異なります。なので、妊婦さんは自身のバースプランや体調に合わせて病院を選択することが可能なのです。しかし、双胎妊娠の場合は設備が整っている総合病院の産婦人科で出産することになります。単体妊娠よりもリスクが高い出産であるからです。総合病院の産婦人科であれば、集中治療室も備わっているので母子ともに安心して出産に望めます。そして、大阪にある総合病院には名医が多いとうことも大きなポイントでしょう。

もし、出産経過が順調で単体妊娠の場合は、個人経営の産婦人科も選択肢に入れることが可能です。個人経営の産婦人科では、定期的にマタニティ教室や母親教室を行っていたり、フリースタイル分娩を取り入れていることもあります。大阪では、自由な体勢で出産することができるフリースタイル分娩を望む妊婦さんが多くいるのです。また、無痛分娩をすることができる産婦人科も大阪には多くあります。特に、二人目以降の出産の際に、フリースタイル分娩や無痛分娩を希望する妊婦さんが多くいます。しかし、無痛分娩を希望する場合には把握しておきたいことがあります。それは、無痛分娩といえども、痛みがまったくないというわけではないということです。しかし、麻酔によって痛みを軽減することができ、産後の疲労感を感じることなく、新生児育児に取り組めるといったメリットがあります。