病院で専門的な不妊治療や医師の指導を受けて赤ちゃんを授かろう

ドクター

妊娠中は食事が重要

医師

初めての妊娠では不安になることも沢山あります。しかし、妊婦さんは自分の体と赤ちゃんを守るために規則正しい生活を送ることが大切となります。特に食事の面においては、妊婦さんが口にするものすべてが、お腹の中にいる赤ちゃんの栄養源になり大きな影響を与えるのです。そのため、栄養バランスをきちんと考えた上で食事を採ることが大切なのです。初めて妊娠をした時には、どのような食べ物が妊婦の体によいかわからないという人も多いため、前もって知っておくとよいでしょう。妊婦にとって体によい食べ物は様々なものがありますが、その中でも、緑黄色野菜や大豆食品、未精製の雑穀類などがよいとされています。緑黄色野菜には、妊婦に必要なカルシウムや葉酸、鉄分などの栄養素が豊富に含まれているため、妊婦の方に多い貧血などを防ぐことができます。また、未精製の雑穀類にはビタミンやミネラルといった栄養素が含まれており、大豆食品には食物繊維が多く含まれているのです。これらの栄養素は赤ちゃんの体の組織を作ること以外にも、妊婦さんの健康な体を保つことにも役立つため積極的に摂取していくことが大切となります。しかし、毎日の食事の中で、同じような量を摂るということは難しいことです。そのような場合にはサプリメントを飲むとよいでしょう。サプリメントは食事の中で不足しがちな栄養素を補ってくれるため、バランスよく栄養を摂取することができます。もし、どのようなサプリメントがよいかわからない場合は、インターネットのランキングを参考にしたり、婦人科の医師に相談してみるとよいでしょう。