病院で専門的な不妊治療や医師の指導を受けて赤ちゃんを授かろう

ドクター

痩せて妊娠する

体重計とメジャー

現在、不妊に悩んでいる女性が多くいます。その原因は様々なものがありますが、大きな要因の一つとして、女性の肥満が挙げられます。肥満は、生活習慣病だけでなく、肝臓にも大きな影響を与えます。それにより、多のう胞性卵巣を引き起こすことになるのです。多のう胞性卵巣は不妊症の一つになります。また、肥満は生理不順を招く要因でもなります。もし、赤ちゃんを授かりたいと考えるのであれば、肥満を解消して健康な作りを目指すべきなのです。

大阪の婦人科では、ダイエット外来を設けているところもあります。不妊症を解消する為にダイエット外来を受診する人もいれば、妊娠の経過に伴って肥満になり妊婦糖尿病を患ってしまった妊婦さんもいます。婦人科の医師が正しいダイエット法を指導してくれるので、どちらの場合でも安心して治療を受けることができます。ダイエット外来と聞くと、内科や美容外科のイメージが強くありますが、大阪では婦人科でダイエット外来を行っているので、不妊治療で通院している人も、妊娠中の人も気軽に相談に伺うことが可能です。

大阪の婦人科で行っているダイエット外来の内容は、食事指導、運動指導が主流になっています。しかし、経過によっては処方箋がだされることもあります。漢方薬であれば妊娠中でも安心して服用することが可能です。また、不妊治療と並行してダイエット外来での治療を受けていた場合、まれにダイエット治療の途中で妊娠をすることもあります。その場合は、一度ダイエット外来の通院を中断し、産婦人科での検診のみになることもあるので覚えておきましょう。