病院で専門的な不妊治療や医師の指導を受けて赤ちゃんを授かろう

ナース

妊娠をしたいなら

医師と患者

年々、結婚年齢が上がってきています。ひと昔前までは初婚年齢は24歳前後だったのに対し、現在では30歳前後まで引きあがっています。それに伴い、不妊治療を受ける夫婦が多くなっているように感じます。年齢を重ねるにつれ、女性の体は妊娠がしにくくなるからです。また、原因はそれだけではありません。女性の社会進出に伴い、ストレスを抱える女性が増えました。このことも、不妊の要因となっています。しかし、不妊の原因は女性だけにあるわけではありません。男性に原因がある場合もあります。男性不妊の要因として考えられるのは、乏精子症や無精子症が挙げられます。病院へ行けば、検査をすることも可能です。

もし、一年以上の間、避妊をせずに夫婦生活を行っているのに子供が授からない場合には、不妊治療を行っている病院へ診察に行きましょう。そして、病院へは夫婦そろっていくべきです。ひと昔前までは、産婦人科や婦人科の診察内容の一環として不妊治療が掲げられていましたが、最近では不妊治療に特化した病院もあります。不妊治療は定期的な通院が必要になるので、夫婦で通いやすいと感じる病院を選択して通院しましょう。男女ともに年齢が若ければ若いほど妊娠の可能性が高くなるので、早めの通院をおすすめします。また不妊治療は費用が掛かると思われがちですが、中には医師の指導のもと、基礎体温をつけ排卵日をきちんと把握することで正常に妊娠ができたという夫婦もいるので、気軽に病院へ足を運びましょう。

分娩する病院の検討

ナースと妊婦

大阪の産婦人科は、病院によって特色が異なります。なので、妊婦さんは希望する分娩方法や体調によって産婦人科を選択することが可能です。しかし、双子を妊娠している場合は、総合病院での出産になる頃がほとんどです。

もっと読む

妊娠中は食事が重要

医師

妊婦さんは元気な赤ちゃんを産むために自分の体調管理が需要となってきます。そのため、食事においても栄養バランスをきちんと考えながら摂るようにしましょう。もし栄養バランスに偏りがあるのであればサプリメントを摂取するとよいです。

もっと読む

痩せて妊娠する

体重計とメジャー

ダイエット外来を婦人科で行っている病院が大阪には多くあります。なぜなら、不妊の原因として肥満があげられたり、妊娠中に太ってしまい妊娠糖尿病を発症する人がいるからです。もし肥満で不妊に悩んでいるのであれば、婦人科のダイエット外来を受診しましょう。

もっと読む